life

育児あるある「美味しいものは自分の胃袋には…」

美味しいもの・頂きものはついつい家族に譲りがち

きっちん

割とあるあるだと思うのですが…。家族や我が子に「おいしいもの」を譲ってしまって自分の胃袋に入らない。ってありませんか?

いやー、親心としてもそうなんですけど。ついつい「美味しいものほど」家族に優先して食べさせちゃうんですよね。

でもやっぱり。「時には自分へのご褒美スイーツがあっていい」と思うんです。

まさに。来月はその「罪悪感を打ち消すために」もってこいのイベントがあるじゃないですか!

きっちんパパも「自分へのご褒美を購入しちゃおうか」なんてたくらんでいます。

そうです、バレンタインデーです。

いわゆる「自分チョコ」ってやつですね。

そこで今回はいくつかのスイーツをご紹介しますね。

まずはこちらパティスリーDEL'IMMO(デリーモ) さんです。

ショコラティエの「江口和明氏」

お父さんが和食の料理人、お母さんは栄養士!食のサラブレッドという環境下で育たれてます。

言わずもがな、動画を見ていただければその美味しそうな…。 (音声が流れます。1分30秒程度)

スズキの自動車「ラパンショコラ」のCM監修や、インドネシアのジャカルタに出店されていたり。

そんな江口氏のプロフィールはこちらです。

そして、もうひとつ気になるのがこちら。

サンフランシスコ発チョコレート専門店【Dandelion Chocolate】さん。

個人的に Dandelionがとても好きな単語で…。タンポポですよね。ライオンのたてがみにそっくりだからという由来で。素敵…。

そんなことはさておき。

こちらでは、チョコレートを使用して、あのクラフトビールでお馴染みの「COEDOとのコラボレーションビール」があったり。

「奇跡のカヌレ」とホームページ上でも紹介されていたり。ちょっと大人な商品がならんでいます。

きっちん

コロナがまだまだ落ち着かないし…。せめて自分や周りの大人に「ご褒美」って。たまには…。

コロナ禍での育児って、結構きついときもありますよね。

子どもたちに色々と制限をかけてしまう辛さ。申し訳なさ。

第6波までで収束してくれるといいな。

そんなストレスや希望を抱えながら。たまには自分へのご褒美でストレス解消してみませんか?

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

きっちんでした。

  • この記事を書いた人

きっちん

3児の共働き世帯のパパです。 家事や育児、かぞくを通じて感じたことを書いています。 このブログで得た収益の一部を。 おなかを空かせた子どもたちの寄付へ充てていきます。 まだまだこれからのブログですが、読んでいただいて本当にありがとうございます。

-life
-