べんきょう

受験してきました。

令和4年8月28日 社会保険労務士 受験

もう。というよりも「まだ」受験して1週間程度…遥か3か月前のことのように思えます。

それぐらい濃かった試験の直前期。

8月1日から、いきなり8月29日にタイムスリップしたかのような感覚。

光陰矢のごとしではありませんが、きっとたくさんの受験生のかたが「矢のようなスピード」で時が過ぎていったのではないしょうか。

社労士の今年の合格発表日は令和4年の10月5日。私は自己採点を行わずに、当日になるまで結果を待ってみようと思っています。

(自己採点をする度胸がないのも事実です…)

この記事では「来年、初受験を検討している」かたのご参考になればと思います。

受験前に「気になっていたこと」

私の住んでいる県では、残念ながら受験会場がありません。お隣の県に移動しての受験となります。

となれば、前泊が前提となります。受験票が届くと、すぐにホテルの予約を行いました。

ホテルから試験会場までの距離を前もって把握することで、移動に要する時間をシミュレーションしたり。

どうしても土地勘がないので、事前準備もある程度必要となってきます。

(受験会場が近隣にあるかたも、下見に多くのかたが行かれていました)

でも、とても素敵な街並みでした。次回はぜひ家族で観光へ。美味しいもの食べたい!

余談ですが、試験日前日。私が出発の準備をしていると。

泣けました。子どもの見てる前で涙を流すわけにはいかず、急いで車に乗り込みました。

「合格してね」よりも「無事に帰ってきてね」って。ありがたい娘の存在。

去年の受験はコロナの猛威で断念…。

去年は、コロナの猛威で受験を断念。とても残念でしたが、きっと2年目での初受験にとってプラスになると信じて。

コロナが始まってからというもの、資格試験は「受験できるだけでも運が良い」と言えるのではないでしょうか。

実際に、私も去年は断念しましたし、今年もツイッタ―を見ていると泣く泣く断念せざるを得ないかたのツイートも多数、拝見しました。

そんな私が、去年使用した教材はいずれも通信教育のものを。

ひとつは、フォーサイトさんの社労士通信講座。

そして、もうひとつが社労士24(資格の大原さん)。

どちらも相性があるとは思いますが、どちらの教材にもそれぞれの良さがあります!

あくまで個人的な感想ですが、それぞれの特徴を上げるとすると。

フォーサイトを使ってみた感想

・テキストは社労士24と比較してページ数が多い。ただ、網羅性はある。

「こんな問題の解答、テキストに載ってない…」と思っていても、フォーサイトのテキストに掲載されてたり。

・テキストがフルカラー。パッと見で重要な部分が目につきやすい。

・youtubeで毎週更新されるチャンネルあり。問題の解き方などの解説がある。

・画像にあるように、2021年度は全国平均の3.72倍の合格率。これは単純に凄いと思います。

社労士24を使ってみた感想

・フォーサイトのテキストと比べると、とても「薄い」印象。

・講義動画も、ひとつの単元が簡潔。下の動画にもあるように「24時間」で全科目のインプット講義が完了するというのが、いわゆる「ウリ」です。

・もちろん大手の「資格の大原」さん。こちらも言わずもがな合格者多数です。

・公式ツイッタ―で頻繁にツイートがある。社労士24ユーザー以外でも登録をおすすめします。

今年は独学でチャレンジしてみた。

初年度の受験がコロナの猛威で断念。果たして今年も受験できるのか?という不安がありました。

通信講座の費用も、我が家にとっては決して安い金額ではありません。

それで、今年は「テキスト」と「問題集」を市販のものを購入。

去年、通信講座の講義動画で学習していたので「いきなりの独学」よりかは、少しは独学へのハードルが下がったのかな?とは思っています。

もちろん、いきなりの独学でも合格されるかたはいらっしゃいますが、本当に「すごい!」と思います。

あくまで私個人の意見としては、「いきなりの独学」での学習は厳しかったように思えます。

10科目ある学習内容は、とにかく覚える範囲が広すぎてイメージが湧きづらい…。

そんな中では、やはりフォーサイトさんや資格の大原さんの講義動画は「とてもわかりやすかった」です。

資料請求ができます。

講座は各社で、どうしても個人の「相性」があると思います。各社とも資料請求ができます。

社労士24の資料請求は↓のリンクに移動後、画面上部の「資料請求」から可能です。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 社会保険労務士講座

通信の学習は孤独。でも、ツイッタ―で仲間がいます。

私のまわりで「社労士を受験する!」というかたはゼロです。正直、孤独で自分との闘いでもあります。

そんな中、モチベーションを大きく与えてもらったのが「ツイッタ―」内での受験生仲間のツイートです。

お互いに、仕事をしながら。はたまた家事や育児をしながらの学習時間を確保する。

そんな気持ちが分かり合えるからこそ。お互いに励ましあって、私も自分を奮い立たせることができました。

(あたかも合格したかのような文面ですが、まだ合格していません汗)

ちなみに、講師のかたももちろん。応援のツイートを。

ちなみにこのツイート、試験日前日のもの。こんなの見たら泣いちゃいます…。

まとめ

これから社労士の受験を検討されているかた。

社労士受験は決めたけれど、どういう学習方法でいこうか悩まれているかた。

上記の2社以外にもたくさん講座はありますよね。なかなか決め手になるものが無い場合もあります。

昨年ではありますが、実際に私が利用した2社の教材を使ってみての感想でした。

  • この記事を書いた人

きっちん

3児の共働き世帯のパパです。 家事や育児、かぞくを通じて感じたことを書いています。 このブログで得た収益の一部を。 おなかを空かせた子どもたちの寄付へ充てていきます。 まだまだこれからのブログですが、読んでいただいて本当にありがとうございます。

-べんきょう
-, , ,